CHECK

深夜帯に働くことが多い長距離のトラック運転手

深夜帯に働くことが多い長距離のトラック運転手

長距離のトラック運転手は深夜帯に働くことも多いです。もちろん日勤の仕事をしているトラック運転手もいますが、夜間の仕事をメインにしている人も多く、これには理由があります。渋滞の回避は大きい理由で日中と夜間とを比べてみれば明らかでしょう。昼間は普通に通勤とか営業活動、あるいは行楽とか送迎など様々な理由で車を運転する人が多く、それだけ渋滞に巻き込まれる可能性が高くなります。これはドライバー自身にとっても時間どおりに目的地に着けるか心配になりますし、会社側も同じことが当てはまりますから、その心配のない夜間の仕事にシフトすることが多くなるわけです。配送先が個人宅などの場合は困りますが、トラックターミナル間の移動であれば夜間とか早朝に出発や到着してもあまり問題はありません。そして、ドライバーにとっても同じ勤務でありながら深夜帯であれば割増賃金を受け取ることができますので、稼ぎが良いメリットもあるのです。

インフラを担う配送に従事するトラック運転手

ネット通販の利用が当たり前で荷物が増えている現在において、配送のトラック運転手はインフラの担い手と言っても過言ではないのではないでしょうか。トラック運転手は大小様々な荷物を運び、希望する時間に指定の場所に届ける仕事です。当然ながら配送を希望する日時は人によって異なりますから、早朝に持ってきて欲しいという要望もあれば、夜でないと受け取れないという希望もあります。荷物の種類によっては大きくて持ち運びにくく、小さくても重量があって腰に負担が掛かるものもあるので、一見するとトラック運転手は楽そうな仕事ですが実は大変です。しかも、移動の際は運転をしなければいけないので、体力だけでなく集中力も求められます。長距離のトラック運転手は長時間にわたり、一人で指定の場所から場所に運転する必要がありますから、集中力を切らさないことが重要となります。完全な機械化はまだまだ先の話なので、当面は需要がなくなることはないですしある意味で安定した職業だといえますが、インフラを担う使命感がなければなかなか務まらない、尊敬されるべき仕事ではないでしょうか。

トラック運転手に関する情報サイト
トラック運転手の基本的な知識

当サイトは求人情報で多く募集されているトラック運転手に関する情報を掲載しています。仕事内容など基本的な知識を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。体力と集中力が重要なのがトラックの運転手の特徴です。安全に運転をし続ける必要があります。また深夜帯に働くことも多いです。このような特徴があるトラックドライバーの仕事に関心がある人や、やってみようと思っている人におすすめです。

Search