CHECK

体力と集中力が重要なトラック運転手

体力と集中力が重要なトラック運転手

トラック運転手には体力と集中力が重要です。一種の肉体労働ですが、もちろん運転そのものは別に大きな力が必要なわけでもマラソンのような持久力が必要なわけでもありません。ですが、トラック運転手は運転だけをしていれば良いのではなく、荷物の積み下ろしを自分自身で行わなければならないことも多いです。自家用車の経験しかない人には想像つきにくいかもしれませんが、大型トラックに満載した荷物となれば相当な量で、積み下ろしは決して楽ではありません。そして集中力に関しては説明するまでもないでしょう。運転している際に集中が途切れたりするとどうなるかは明らかです。居眠り運転とか脇見などが原因ではないかと思われる事故のニュースを見たことがある人もいるでしょうが、ほんの一瞬であっても重大な事故につながる可能性があるわけで、特に大型車の場合は事故の規模も大きくなってしまいますから、集中力を切らさないことが大事になってきます。

物流業界のトラック運転手の労働時間について

トラック運転手の労働時間はどのようになっているのでしょうか。トラック運転手の場合、一般的なオフィス内での事務ワークとは位置づけが異なり、1日の勤務時間が規定に達したからと言って残りの仕事は明日に回そうというようなことは基本的に不可能です。まだ目的地に着いていないのに、時間制限だから今日の運転はここまでと言ってそこで運転を放棄するようなことはできません。一方では運転手も当然ながら労働者であり、無制限にいくらでも働かせて良いわけでは決してありません。そんなことをしては体を壊しますし、居眠り運転で悲惨な事故を起こす可能性があるのは誰でも分かります。法律上は、トラック運転手の労働時間は原則として1か月に293時間まで、1日あたりでは実際に運転している時間は8時間までで、休息も含めた始業から終業までの時間は13時間までとされています。そして、平均的にみると、確かに他の産業に従事する人よりも長くなっています。

トラック運転手に関する情報サイト
トラック運転手の基本的な知識

当サイトは求人情報で多く募集されているトラック運転手に関する情報を掲載しています。仕事内容など基本的な知識を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。体力と集中力が重要なのがトラックの運転手の特徴です。安全に運転をし続ける必要があります。また深夜帯に働くことも多いです。このような特徴があるトラックドライバーの仕事に関心がある人や、やってみようと思っている人におすすめです。

Search